2019年10月17日木曜日

Broadland Slippers


今週はこちらの靴が届いております。




Price:\39,000
Size:6,6h,7,7h,8,8h,9


イギリスはノーフォーク地方にある150年以上を誇るスリッパ専用工場で
少数精鋭の職人達が作るルームシューズBroadland Slippers。
某メーカーなどのイギリスブランドの生産を始めとし、王室ではチャールズ皇太子などにも愛用されていると言われるファクトリーメーカー。

作りは確かな上にコストパフォーマンスが高く、非常良い物作りをしています。

昨今でもルームシューズ人気は高く、じんわりと着用者が増えて来ている傾向ではあるのですが。




とは言っても、どこにでもある物じゃつまらないだろう。。。と言う事でこちらのメーカーに「別注」作成を依頼。

肉厚なネイビー別珍地に、ライニングをゴールドに。ありそうでなかったモデルに仕上がりました。


サイズ感はやや小さめの設定ですので、いつもよりハーフサイズ大きめをお勧め。中のキルティングが足全体にホールド感を与えてくれ、保温的役割も与えてくれます。


またパイピングがイケてまして、色はパープルをチョイス。なかなか色気のあるコンビネーションに仕上がりました。


イギリスを代表する「クラウン」のマーク。その中に色とりどりな刺繍が縫い合わされています。


元々欧米文化に適した室内履き専用のソールなので、外で履く際には底にラバーを貼ったりして靴に与える痛みを軽減した方が良いかもです。


実際足入れするとこんな感じ。


ジャージーのトラックスーツにリラックス感のあるルームシューズがとても相性よし。

ルームシューズ単体でドレススタイルはもちろん、いつものスタイリングをそれに変えるだけで
ぐっと印象を変えられます。




嵐田


HAVERSACK

渋谷区代官山町14−5

定休日:木曜日
(祝日の場合は営業)

TEL:03-3477-0521





HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。

















2019年10月10日木曜日

LAULHERE


こんにちは。

先週言った激熱な「アレ」の正体は「ベレー帽」。

様々な種類を買い付けしてきました。




皆様ご存知の方も多いとは思いますがベレー帽はスペインとフランス国境にある
「バスク地方」が発祥と言われ、古代ローマ時代から実用されていたそう。
さらに貴族から農民まで使用していたそうで、ナポレオン3世が訪れた際に
「ベレーバスク」と呼んだ事から世界中に広まり、のちの未来「第二次世界大戦」頃からはアーミーベレーとして軍隊に普及。

なので大きく分けると「バスクベレー」か「アーミーベレー」に分類されます。


ピカソやロダン、またチェゲバラなど各著名人が被る「アイコン」的存在として今日では知られ、見方によれば「画家」っぽくも見えるし強面な「軍人」っぽくも感じるのが僕らのイメージ。

そしてそのイメージの範囲が広い事から様々なファッションスタイルに適応し、非常に使い勝手が良いアイテムとして今日では市民権を得たのは周知のとおり。


そして今回入荷してきた「LAULHEREと言うブランド。1840年創業と150年以上前にフランスにて創業。唯一フランスで残るベレーメーカーとも言われています。
そして王室や世界各国の軍にベレーを支給する格式の高さ、素材にはメリノウールをメインに伝統的な縮機による方式を用いデザイン性はもちろん質も非常に高いベレーを
作っています。





そしてオーダーしてた4種類、奇抜なものからベーシックなものまで揃えました。

まずは目を惹くこのワッペンタイプから。



(BLACK)

Price:20,000+TAX
Size:M,L(58,59相当)
Qua:WOOL 100%



何枚ものワッペンが貼られた遊び心のきいたベレー。そのワッペンの持つ存在感に圧倒されます。ワッペンのモチーフもクラシカルでヒストリカルなものなので割と大人っぽく
被れます。こちらはローレルの今季のコレクションラインの物だそうで、シーズンテーマに沿ったアイテムなのだそう。



(BLUE)

更に存在感のある「ブルー」の色。


海を連想するような綺麗な色合い。

※訂正

前回の投稿でミリタリーベレーと説明しましたが、正しくはこちらもバスクベレーです。
表の革のテープを内側に折り返し着用するのが通常の形です。前回と写真も差し替え、現在の写真(アラシダ着用)が正しいかぶり方です。


よく右に垂らすとイギリス式、左はフランス式など言いますが、お好みで使って頂ければと思います。ちなみに僕はイギリス派。


裏側にはサテンをしきグレード感を出しています。

もちろんベーシックなモデルも用意しました。


(NAVY) 

Price:¥12,000+TAX
Size:M,L(58,59相当)
Qua:Wool 100%


ベーシックなモデルはバスクベレータイプ。ミリタリーベレーとはちがい
内側に巻き込まれています。


寄り添うように、自然に洋服にも顔にも馴染む感じ。


ベレーの円盤の頂点に良くつくのが「チョボ」と言われるこのポッチ。
羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において束の要となった部分であり、ベレーの伝統的な飾りの一種でもあります。


伝統的な定番品は「HERITAGE」ラインとして区分けされ、ローレルベレーの中でも
長年作られてきた定番。

内側のライニングしかり、スベリを出すためのビン革を丁寧に縫製し丁寧に作り込んでいます。

ずっと廃れない定番品が欲しい方はぜひ手始めにこちらをお勧め。

では最後、上級者向けのこちら。


(BLACK)

Price:¥12,000+TAX
Size:M,L(58,59相当)
Qua:Wool 100%


かなり大きい円盤のベレーは通称「ブレトンベレー」と言います。つまりブルターニュ風の物。


ベレーの大きさが目立つ分、コーディネートで工夫も欲しい所。


福岡店の岩川さんとお客様のコーディネート。シルエットとのバランスでトップとのボ-リュームが上手くマッチした非常に参考になる例。


色は汎用性の高いブラック。


バスクにある内側の革のテープはなく、シンプルな作り込みです。


同封されるブランドの冊子。


しっかりとその生産背景が書かれています。全部フランス語と英語ですが。


何よりも、箱もスペシャル。


グラフィティーアートでペイントされたブランドの世界観にも脱帽です。




嵐田


HAVERSACK

渋谷区代官山町14−5

定休日:木曜日
(祝日の場合は営業)

TEL:03-3477-0521





HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。





















2019年10月3日木曜日

Restock



どーも、嵐田です。早くもう10月になってしまいました。一向に暑さはなくなりませんがあと少しっと言った所でしょうか。早く秋の服ちゃんと着たいですね。

さて、新作を紹介したい所ですがインスタで毎日入荷
の更新を行っているので、それはまた別でご覧いただければと。

という事で本日はお題通り、リストック(再入荷アイテム)を紹介していきます。とりあえず決定しているのは3アイテム。念の為アイテムの特徴もおさらいしていきます。

※追加アイテムの予約を承っていますので是非ご連絡下さい。既に数名いらっしゃいます。

(モールスキンセミロングシャツ)


販売して約1か月ほどでほぼ完売してしまったセミロングシャツ。
現在残っているのはごく僅かでサイズがご用意できなかった状態でしたが、、、

恐らく今月中には「リストック」予定。


(WHITE)


(BLACK)

¥22,000+TAX
Size:M,L
Qua:Cotton100%

※女性のサイズ0,1も追加決定!!

ワークウエアに分類される「ファーマーズ」シャツをベースにフレンチタッチな
モールスキンシャツ。

モールスキンと言ってもそこまで厚さがなく、今の季節から一枚で着れるライトな仕上がりにしております。10月中だと丁度いい感じの肉感ですかね。


特徴的なのはなんと言ってもこの釦。9つの釦を「クルミ釦」にして見て明らかな統一感を出しました。

ネック周りはやや民族調を意識したカラーレス仕様。アクセサリーなどの装飾品、またばスカーフなどを刺して味付けしてもいい感じに仕上がります。


後身にはインバーテッドプリーツを入れ機能面も優れた作りに。


一枚袖ながらもシームを山袖側へ移動したヘチマスリーブ。このスリーブが横から見たときの立体感を演出します。


クラシカルな作りにこだわり、テールも長めに作り、抜かりなくカフの釦もクルミ釦にしています。生地との重なり部分にはしかっかりと「マチ」を貼っているので補強も
抜群。


こんな感じにレイヤードでも役にたちます。

また、色々僕らでも検証しましたがライダース、コート、ベスト、ニットの下など
様々な組み合わせにレイヤードできますので、汎用性の高いシャツと言っても過言ではありません。

使い勝手が良すぎるせいか、ストック分買われる方もいたぐらいです。



(タータンチェック パレードパンツ)


インスタに上げて驚異の2日で完売になったこちらのパンツ。完売になった後も様々な
お客様から追加生産の要望が高かった為、急遽追加が決定しました。


¥36,000+TAX
Size:S,M,L
Qua:Wool 100%

イングランド製の肉厚なタータンを使ったリアルスコティッシュな一着。

こちら、恐らく11月頭に「リストック」予定。


ブリティッシュアーミースコットランド連隊の式典などに使用されると言われているタータンチェックのパンツ。冒頭の写真の感じできっと履かれてるんだとおもいますが、実際のヴィンテージの物よりもこちらはテーパードが効き、全体的にスタイリッシュに仕上げ「衣装」感が抜けファッションテイストに。


深い股上、ハイバックな作りで毎度お馴染みディープな雰囲気に。サスペンダーなど
を吊ってもいいでしょう。


ワンプリーツ、ポケットは両玉縁に。


釦もお馴染みのナットを使用。当たり前ですが、柄合わせも良くしており
いい感じに深さのある色に交差する赤と黄色のラインがとても発色が良く綺麗です。


スタッフ齋藤がモデルで着用したパンツ。ドックイヤーブルゾンと合わせ
英国「スポーツ」のミックススタイル。またブレザーでセオリー通りにも。


(レガッタストライプイージーパンツ)


ありそうでない変態的「ピッチ」(間隔)のオリジナルの素材、レガッタストライプ。

そもそも、レガッタ柄のパンツはなかなかないと思います。

こちらもゆるやかに在庫を減らし、遂に店頭販売分が在庫切れに。


Price:¥26,000+TAX
Size:S,M,L
Qua:Wool 60%
Cotton 40%


シルエットは得意のワイドシルエット。柔らかく、肌触りの良い素材はウールコットン。


ワイドではあるものの、こちらもテーパードを入れてるのでシルエットは綺麗にまとまります。

ちょっと見えないのですが、裾はまつり仕上げにしており、もたつきのない感じに。


腰回りのギャザー、平紐のウエストドローコードでキュッと締めていきます。


ポケットの柄合わせとフラップの形状もかっこよく決まっています。釦はナット。


と、このブログを綴っている最中、事務所のジャクソン(事務所社員)が大きなパッキンを持ってきました。もしやその中身は。


なんと!追加のレガッタストライプパンツが早くも到着。

本日「リストック」されました。

※レガッタストライプはATTIREのみの販売です。


やはりこの雰囲気、唯一無二。

はやい者勝ちになりますので、欲しかった方はお早めに。

ご予約は是非店頭、または電話でご連絡を。


また、その箱の中身の奥には激アツな「アレ」も入荷してきました。来週のブログで紹介していこう思いますので、お楽しみに。


嵐田


HAVERSACK

渋谷区代官山町14−5

定休日:木曜日
(祝日の場合は営業)

TEL:03-3477-0521





HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。